ちゃんとした見積もりを取りたい!

価値を正しく判断するには相見積もりを取ろう

古銭の買取において、一番重要なことは『相見積もり』を取るということです。古銭の買取価格は業者によって大変大きな差がありますので、必ず見積もりを複数取って比較する必要があります。
理由は大きく分けてふたつです。
ひとつめは、単純に『買取業者の持つ販売経路』にあります。古銭というものは他の中古品等と比べ、安定して高く売ることができる販売経路の確保が非常に難しいと言われています。ゆえに、販売力がある業者だからこそ高価買取でき、販売力がない業者はおのずと買取価格は下がるのです。
ふたつめは、『査定を行う鑑定士の技量』です。古銭は状態によっても価格は大きく変動します。状態の感じ方というのは、万人共通というわけではありませんので、同じものを2人の鑑定士に見せた場合、当然差が生まれます。

以上の理由から、ちゃんとした納得のいく見積もりを取るためには『相見積もり』が必要になるのです。

最低限の知識は身につけよう

『相見積もり』をとることで、業者の比較をすることは可能になりますが、自分自身でも最低限の知識は身につけておく必要があります。
古銭を正確に鑑定するためには、かなりの知識・経験を必要とします。厳密なことを言うと、文字の跳ね方ひとつで価値が大きく変わるものも存在するのです。そこまでの知識を自らが有しておく必要はありませんが、大まかな価値くらいは知っておかねば、悪質な業者や鑑定能力のない鑑定士に安値で買い叩かれてしまうこともあるかもしれません。実際に同じ古銭の相見積もりを取った際、100円と査定する業者もいれば、1万円と査定する業者もいるほどです。
インターネットで大まかな価値は把握することが可能ですので、事前に調べておくことも重要になります。

© Copyright Your Favorite Coins . All Rights Reserved.